塾の非常勤塾講師でも、面接は採用に至る大きなポイントになります。

非常勤塾講師であったとしても生徒さんを前に話すことが仕事となるので、

話をするときの印象というところは重点的にチェックされると思います。

この点についての準備をしっかり行っておきましょう。

教室で講義をするタイプの塾では特に声が大きく元気な印象を与える人のほうが

働くときのことをイメージしやすく、採用に結びつきやすいのではないでしょうか。

面接というとだれであっても緊張してしまうものです。

しかし、塾での講義は常に生徒に対して緊張感をもって話さなくてはなりません。

緊張感のある中でどれだけ面接官の質問に対応できるかという事が見られます。

そういったことも頭に入れて準備を進めていくようにしましょう。

面接に苦手意識がある場合は、事前に練習してみるとよいでしょう。

自分で話してみる訓練もよいですが、家族など身近な人にお願いして模擬面接をしておくと

どれぐらいの声で話せば届くのか、印象はどうかという事をチェックしてもらいやすくなり、

改善点を見つけやすくなります。

こうした練習をしておくことによって、本番でもよい印象を与えやすい受け答えができるようになるはずです。